一般社団法人 ファームマエストロ協会

受講者の声

※受講生の方にご承諾いただき、掲載しております。 (順不同)

■Jr.ファームマエストロ 上田ひろみさん
DSC09812DSC09692

私はファームマエストロ講座に北海道帯広から参加いたしました。私は農家に生まれ育ちましたが、高校を卒業後、一般企業に就職しましたが、畜産(肉牛生産)農家に嫁いで、 今、25年が経とうとしています。子供も4人授かり、皆元気に育ち無事巣立ってもらえそうなところまで来れたと思っています。子育てをする時、農家という環境で本当に恵まれていたと思います。よく言われる、回りを気にしないでのびのびとなのです。今回、ファームマエストロ講座を受講するにあたり、帯広から東京、埼玉に入りそして御農園へ。そちらに着くまで土を踏む事は一度もありませんでしたが、ファームに到着したとたん、とてもきれいで快適な時間を過ごしました。

人間は食べないと生きてはいけません。私達農業を営む者は、そのお手伝いをさせ頂いています。
今年、小さくても直売所の開設を考えています。出来た野菜を自分で収穫してもらうとか、ファームマエストロ講座の受講の時ピザを頂いた様に、講座の経験を生かして、何か料理にして食べてもらうなど、空間を生かしたおもてなしが出来ればと思っています。

■Jr.ファームマエストロ 櫻井貴史さん

DSC00062 DSC00321

今回のジュニアファームマエストロの講座を受講させていただきまして、新しい発見が沢山見つけられました。
私は子供の頃畑や田んぼで農作業をする祖父母や両親を見て育ったのですが、当時は特に気にすることもなく、ただただ当たり前のように畑で作業する様子を見ていましたが、今思えば今回教えていただいたような数々の事を祖父母達は一つ一つ一生懸命やっていたお陰でおいしい野菜が食べられていたのだなと、今まで気がつくことも無かったとても感慨深い思いで学ばせていただきました。
特に作物の種類に合わせて肥料を調整して土の状態を作り出すといった作業はとても興味深かったです。
この土の作り方を実家の畑を使って色々と勉強してみようかと思います。
お昼に食べたピザ作りははじめての経験で、大切に育てた野菜達を使ってその場で収穫して作ったピザはとても楽しくておいしかったです。
今後はこの経験をもとに、さらに実践的な事を学びつつ私生活はもとより、自分の仕事に結び付けられるような形でジュニアファームマエストロと長く付き合っていきたいと思います。

■Jr.ファームマエストロ 目時裕美さん
P8013408P8013490

私が20歳まで暮らしていた静岡では、家の庭には畑があって、道路を挟んで目の前は田んぼ。
親戚は農家で、お米、お茶、野菜、ビニールハウスで苺も作っていました。
子供の頃から、食卓には親戚が作ったお米に、季節ごとの新鮮な野菜のおかず、庭でとってきたばかりの、葱や大葉を薬味にして、隣のおじさんが釣ってきたお魚のお刺身を並べて、家族みんなでテーブルを囲んで食べるという習慣でした。季節は、その時々の旬な野菜や、家のまわりに咲く野花から感じることが当たり前の生活でした。
東京に上京すると、そんな素朴な生活から離れ、野菜は「買うもの」だし、季節に関係なく、一年中欲しい野菜が手に入るようになり、それを当たり前のように感じてしまうようになっていました。
ファームマエストロでは、忘れてしまっている自然の大切さや、季節を楽しむ気持ちを思い出しつつ、太陽をたっぷり浴びた、新鮮な野菜の味を思い出させてくれてちょっと懐かしくなったり、大事な事を忘れている自分に気がついたり、勉強することだけでは得られない、貴重な体験をさせていただきました。
人のぬくもりを感じられるような、作っている人の顔がわかる、新鮮な食べ物をいただくことへの、感謝の気持ちを忘れずに、ファームマエストロでの体験を、色々な方に伝えていきたいと思っています。

■Jr.ファームマエストロ 林浩子さん

hiroko hiroko2 hiroko3 hiroko4

BLOG
http://ameblo.jp/noa-kiria/entry-10389422865.html
http://ameblo.jp/noa-kiria/entry-10389660818.html
http://ameblo.jp/noa-kiria/entry-10389747505.html
http://ameblo.jp/noa-kiria/entry-10389607449.html
http://ameblo.jp/noa-kiria/entry-10389776852.html
http://ameblo.jp/noa-kiria/entry-10389783678.html

今回の講座では、講義で野菜について勉強をしただけではなく、実践編で、耕作機を使って畑を作るところから、種まき、収穫をすることができ、とても勉強になりました。特に、種を蒔いた後に上からかぶせる土は種の3倍くらいの厚さでいいというのは驚きでした。また、収穫した野菜を使ってピザを作り、採れたて野菜の美味しさ、みんなで楽しくお料理して美味しさも増すことを改めて感じました。
今もベランダでハーブや小松菜、ミニトマトなど簡単な植物の栽培をしています。来年は、友人と近所で畑を借りて栽培をしようかという話も出ているので、そこで収穫した野菜を使ってお料理をして、フードマイレージのない生活をしたいと思います。また、そんな暮らし方を紹介して広めていきたいと思います。
カフェなどとコラボしてのレシピ開発にもぜひ携わっていきたいと思います。自分の考えたお料理で、たくさんの人に美味しい幸せと、健康を提供出来たらと思います。

■Jr.ファームマエストロ 速水裕子さん
_DSC6221-150 _DSC6067-40 _DSC6149-96 _DSC6297-218

何年ぶりだろうか、素手で土を掴んだのは。都会に住んでいると、すっかり自然と共生していることを忘れてしまう。土―――は大地。命の源である。
今回の講習を受講して、農作物の栽培に必要不可欠なファクターとして、温度・光・水・空気・土があると教わった。こうした栽培環境が整っていないと野菜は育たないのだ。なんだか人間と似ていると気づいた。人も環境によって育ち方が変わるから。やっぱり生き物が育つには、環境整備が大事なのだ。こんな当たり前のことをジュニア・ファームマエストロ講座で改めて思い知らされる。私たちが手間隙掛けて育てた農作物を食べ、そして育って行く。食育の大切さを実感し、感謝の気持ちを持つ。「頂きます」の意味を痛感する。そんな貴重な体験ができたことにまた感謝する。
また、農作業することの大変さも実感した。自然を相手に作物を育てることも困難だし、その作業の重労働といったら半端ではない。これによってまた、これからの日本の農業のあり方や、日本社会を考えさせられた。
私はこれから、こうした農業の重要性・必要性を必ずや何かを通して伝えていきたいと思う。ジュニア・ファーム・マエストロとして。それにしても、土いじりは癒される。

■Jr.ファームマエストロ 磯部奈央さん

nao _DSC6289-210 _DSC6326-245 _DSC6426-328

BLOG
http://ameblo.jp/nao-isobe/entry-10343193810.html
http://ameblo.jp/nao-isobe/entry-10343215023.html
http://ameblo.jp/nao-isobe/entry-10343233579.html

日常、お皿に盛られている野菜を当たり前のように食べている私たち。
今回、「ジュニア・ファームマエストロコース」を受講させて頂き、農業という野菜を育てることの大変さとともに、農家の方に対する感謝の意を、改めて感じる事が出来ました。
「自給自足」。
昔の方にとっては当たり前のことでしたが、時間に追われている現代人にとっては忘れてしまっている言葉のような気がします。
この講座を通して、私も現代人のうちの一人であったことを実感させられ、自らで野菜を育てることの大変さ・大切さを学ぶことができました。
しかし、それ以上に、農業を心から楽しめたことが私の中で大きかったです。
受講生は初対面の方たちばかりだったのですが、みんなで手分けしてランチのピザを作ったり、畑を耕したり種を蒔いたり…。さまざまな工程すべてにおいて受講生みんなが思いやりを持ち、笑いの絶えない講座でした。
野菜を育てることの知識だけではない、貴重な経験をさせていただきました。
最後に、
‘子供を育てることと同じ様に、野菜も愛情を注ぎながら育てると美味しくなる’
と、教えていただいたことを旨に、ジュニア・ファームマエストロとしてこれからも農業に関わりながら、一人でも多くの方に農業の楽しさを伝えていきたいと思います。
 

■Jr.ファームマエストロ 木本史子さん 
木本 kouza-fukei9 _DSC6428-330 _DSC6308-228

BLOG
http://ameblo.jp/chikako8200blog/entry-10342537524.html
http://ameblo.jp/chikako8200blog/entry-10342911836.html
http://ameblo.jp/chikako8200blog/entry-10342537524.html

ジュニア・ファームマエストロ講座に参加させて頂き、とても貴重な時間を過ごす事ができました。私が毎日当たり前のように食べている野菜が日本の農家の方々の努力と愛情をもって成り立っていることを実感しました。
また、私がまだ小さい頃祖父が庭で少しだけ野菜を作っていましたが、今回お世話になった農家の方と同様にとても大切に育てていたことを思い出しました。久しぶりに土の香りを嗅ぎ、土に触れ、上述の祖父のことを思い出しながら童心に帰り、とても楽しい時間を過ごすことができたと思います。

そして今回の講座では、野菜ってこんなにおいしかったんだと野菜の魅力を再認識させられた一日でもありました。 「植物は人間の心を感じているから、愛情を持って育てれば必ず綺麗な花が咲く」と聞いたことがありますが、農業においても少なからず同様の事が言えると思います。化学肥料で機械的に大量生産された野菜と、手作業で惜しみない時間をかけられた野菜では色や形は同じでもその味は全くの別物だと思います。

私は今回の講座で農業は、野菜に対するたくさんの愛情と消費者のことを第一に考える精神が無ければできない仕事だと感じました。
こんなことを言うと少しおおげさかも知れませんが、これからは野菜をただ漫然と食べるのではなく、上述のありがたみを感じ、そして野菜を育ててくれた方に感謝しながらじっくり味わいたいと思います。
今回そんな気持ちを持たせてくれたファームマエストロ協会の方々に大変感謝していますし、貴重な経験を通じ、野菜、そして食べ物のありがたみを身をもって体感することができ、非常に良かったと思っています。

また「太陽のトマト麺×ファームマエストロコラボプロジェクト」などに関わらせていただき、ジュニア・ファームマエストロとしてメニュー開発に携われたことが、大変貴重な経験になりました。
ファームマエストロ協会の皆様、本当にありがとうございました。

■Jr.ファームマエストロ 大井智保子さん
ちほこ _DSC6306-226 _DSC6359-268 _DSC6034-20

BLOG

http://ameblo.jp/chihoko-ohi/entry-10342270517.html
http://ameblo.jp/chihoko-ohi/entry-10342391185.html
http://ameblo.jp/chihoko-ohi/entry-10343014395.html

ジュニア・ファームマエストロ講座を受講して、“実際に土に触れる、種・苗に触れる、生きている野菜に触れる”ことの素晴らしさを学びました。
普段何気無く食べているお野菜が、どのようにして、どのような気持ちで作られているのか。毎日お野菜をべているのにもかかわらず、何となく知っているようで、実は全然知らないこと。
実際に自らが野菜作りに触れ、体験することで少し知ることができました。まさに百聞は一見にしかず。1日の講座ですが、受講して以来、元々好きなお野菜がさらに大好きになりました。そして、作って下さった方への感謝が隠し味となり、さらにおいしさが増したように思います。たった1日の体験でこんなにも多くのことを学べ、感動と喜びを得ることができ、本当によい経験になりました。
そして、ファームマエストロ協会の鈴木あさみさん、野菜作りの先生をはじめ、スタッフの皆様がとても親切だったので、何の不安もなく受講することができたと思います。ファームマエストロ協会の皆様ありがとうございました。
またジュニア・ファームマエストロとして太陽のトマト麺×ファームマエストロコラボプロジェクトなどに関わらせていただき、実際に消費者の方に召し上がっていただくメニューの開発に携わることが出来て、大変貴重な体験になりました。これからはジュニア・ファームマエストロとして商品開発などに関われたらうれしいと思っています。

■Jr.ファームマエストロ 江沢美穂さん

_DSC6176-117 _DSC6301-221 _DSC6242-168 _DSC6008-10

子供に小さい頃からたくさん自然に触れて食の大切さを知ってほしいと思い、今回子供と一緒に参加させていただきました。
耕運機を使って土おこしをするところから、野菜の植え付けまで、すべて実際にやりながら学べるので、子供にもわかりやすく、普段できない貴重な体験が出来て、本当に楽しかったです。
野菜が育つためには、温度や光・水などがとても重要で、野菜によって、それぞれ適した栽培環境が違うので、農業はとても難しいと思いました。
毎日食べている野菜が、実は農家の方がこんなにも手間ひまかけて、愛情たっぷり注いで育ててくださっていたのかと思うと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからはジュニア・ファームマエストロとしてもっとたくさんの人に自然のありがたさ、農業の大切さを伝えていきたいと思います。
特に小さいお子様のいらっしゃるファミリーにはキッズ・ジュニア・ファームマエストロ講座は本当にオススメです。
我が家も畑を借りたので、今回の講座で学んだことを生かして、家族でいろいろな野菜を育てたいと思っています。

■キッズ・ジュニア・ファームマエストロ 江沢美穂さんの娘さん
_DSC6379-287 _DSC6375-283 _DSC6512-380 _DSC6428-330

わたしは、いままでやさいがどんなふうにそだつのか、しりませんでした。でも、きょう、おかあさんといっしょに、のうぎょうをたいけんして、はじめはとってもちいさいたねだったり、なえだったのをのうかのひとがだいじにそだててくれたから、おいしいやさいになるんだっていうことがわかりました。
わたしの大すきなほうれんそうは、とってもちいさくてかわいいたねでした。
はたけを、たがやしたりするのは、たいへんだったけどとってもたのしかったです。
一ばんたのしかったのは、いろんな、やさいをしゅううかくして、ピザをつくってたべたことです。
とまとと、パプリカがとってもあまくて、おいしかったです。
きょう、うえた、やさいがそだつのがとってもたのしみです。
だいじにそだてたいとおもいます。 ※感想文をそのまま載せております。

■Jr.ファームマエストロ 武井絵里香さん
P8013361 P8013398 P8013482 P8013557

普段経験することのできない環境の中で、一日楽しく講座に参加させていただきました。
釜焼きピザパーティーや、Tシャツや軍手などのおしゃれなオリジナルグッズも女性には嬉しかったです。

ジュニア・ファームマエストロコースを受講して、野菜を育てることは、季節やその土地にあった野菜があって、栽培方法もそれぞれに異なり、とても手間のかかる大変なものだと思いました。おかげで日ごろ私たちの食卓にたくさんの野菜が並んでいることにとてもありがたく感謝の気持ちを感じました。ファームマエストロ協会の活動は、たくさんの人に野菜作りの大切さや楽しさを伝え、子供たちの教育にも役立つし、日本の食料自給率を高めることにも貢献できると思います。

私は化粧品の仕事をしているので、化粧品と合わせて食べるものや生活習慣による内側からのケアもアドバイスできるように、野菜栽培の知識だけでなく調理法や栄養についても勉強して、現在の仕事や、生活に役立てていきたいと思いました。

現代の女性はストレスが多く、忙しい生活を送っている人が多い中、ジュニア・ファームマエストロコースの体験は、本来の人間らしい生活を見直すきっかけになり、野菜を栽培して、実際に収穫した野菜を食べることの体験を通じて、元気をもらうことができました。将来的には、家庭菜園で野菜やハーブを栽培して、収穫した食材を使ってその季節に合った食生活ができたらいいなと思います。

■Jr.ファームマエストロ 伊藤 寿賀子さん
伊藤寿賀子 P8013382 P8013310 P8013421

BLOG
http://ameblo.jp/sugako-ito/entry-10311754052.html
http://ameblo.jp/sugako-ito/entry-10311806195.html
http://ameblo.jp/sugako-ito/entry-10342281630.html

講座を受講する前は、「食育」の重要性が叫ばれている中、なにか他人事のように感じていた部分が正直ありました。しかし、実際に自分で「農業」に触れることで、食をもう一度考え直す機会になりました。食べ物を育てるという目線で食べ物を扱うと、有り難みも美味しさも増しました。「食べ物を育て、それを食べる。」ということの流れを体験し、食べ物を口にするまでの手間や苦労を感じることで、食べ物に対して感謝の気持ちが生まれました。

講座の①と②では農業の知識・野菜の性質や栄養などを学ぶことが出来て、大変ためになりました。またランチタイムではもぎたての野菜でピザを作ったり、③と④のワークショップでは実際に耕運機や鍬を動かして、土おこしをしたりと農業や自然を肌に感じることができ、大変貴重な機会になりました。

農業に興味がある方、自然に触れ合いたい方、またその逆の方でも何か新しい発見があると思うので、ジュニア・ファームマエストロ講座を自信をもってオススメします!

これからはジュニア・ファームマエストロとして、同世代や若い世代の人に「農業の楽しさ」や「食物の大切さ」を伝えていき、もっと農業を身近に感じられるように、情報を発信していきたいと思っています。

■Jr.ファームマエストロ 杉浦よしのさん
杉浦よしの P8013495 P8013481 P8013443 

BLOG
http://ameblo.jp/yoshino-diary/entry-10312447418.html

1日みっちり教えていただき、皆さんと楽しく学ぶことが出来ました。ランチで実際に野菜を収穫し、収穫仕立ての野菜で作った手作りピザがとっても美味しかったです!!
講座を受講する前は、趣味で家庭菜園をしておりましたが、野菜の栽培ごよみ、土おこしから、種のまき方・苗の植え付けなど、イチからみっちり教えていただき、農業の素晴らしさを改めて知ることが出来ました。
日ごろ何気なく口にしているお野菜や果物などひとつひとつに農家の人の苦労や努力、想いがこもっているんだなと思うと、美味しいお野菜を食べられる幸せ、そして自然の有難さに気づかされます。
農業に興味のある方はもちろんのこと、ない方にも是非受講していただきたいです!!
先生に教えていただいたことを忘れないように、早速お庭の野菜畑を拡大して、自給自足が出来るくらい立派な野菜たちを育てたいと思います。
本当に有難うございました。農業最高^-^☆

■Jr.ファームマエストロ Sさん
P8013557 P8013430 P8013442 DSC02396

今回、「ジュニア・ファームマエストロコース」を受講させて頂き、改めて、日頃食べている野菜に対して、また、農家の方々に対しての感謝の気持ちを感じる事が出来たと強く実感しました。昨今の「農業ブーム」で農業に対する人々の注目度が高まっている中、普段メディアを通して、感じる表面的な農業ではなく、そこで一生懸命汗を流す農家の方々と受講を通してコミュニケーションさせて頂き、また、土壌やそこに生き生きと生える野菜に触れることによって、農家の方々の熱い想いや、自然の素晴らしさを感じる事ができ、食の素晴らしさを再認識しました。
はじめは、軽い気持ちで参加した「ジュニア・ファームマエストロコース」ではありましたが、農業のプロセスを学び、そこで働く方々の熱い想いに触れる事によって、今後の自分の人生にとって間違いなくプラスになりました!今後はジュニア・ファームマエストロとして、野菜を育てる事の大変さや魅力などを周囲の方々に伝える事によって、小さいパワーではありますが、少しでも食に対する人々の関心が高まり、人々が自らの食生活を見直し、安全で健康な食生活を主体的に考えていける世の中を次世代に繋げていければと思います。

■Jr.ファームマエストロ 石井 宏幸さん

_DSC6478-362 _DSC6488-365 P1020988 _DSC6310-230

本講座を受講できたことに、とても感謝しています。何しろファームの講座のロケーションが最高ですね。
駅を降り、人だけが通れる橋で川を渡るとそこは身近な別世界。このアクセスの良さと、目の前に広がる空間のギャップにも驚かされます。

僕らの体は日々食にするものからできあがっているんですよね。「できあがっている」というよりは食するものがそのまま体の一部になっているという方が正確かもしれませんね。偏ったものばかり食していると、イライラしたり、怒りっぽくなったりして、逆にエネルギーに満ちあふれた野菜を食しているうちに、気がついたら何だか人に優しくなっていたり、仕事がうまくいったりして、やっぱり人間は食するもので変わるんだな~とあらためて実感し始めた、今日この頃です。営業マンとしては毎日の昼メシ、夜の食生活にもっと気を配るべきだと実感します。

僕は、「ジュニア・ファームマエストロ」として、より多くの人に「食べ物の大切さ」、「食生活の大切さ」、「良くも悪くも体や性格をも変えてしまう力」、「食べ物を作る歓び」、「土の香りのパワー」などをたくさんの方たちに広げていけたらと考えています。
最近流行りの「農」なので、本やテレビで情報はあふれているものの、いざやってみようとかな~思うとなかなか環境が整わず始められない方も多いと思います。
本来「農」とは趣味の世界のものではなく、私たちが生きていくための一番の原点なのですが、いざ始めようと思うときっかけがなくて大変です。そんな方には是非「ジュニア・ファームマエストロコース」がおすすめです。
土の香り(実際には心と体に直接的に語りかけるあの独特な臭いのパワー)ってすごいですね。野菜やハーブの香りも風に乗って飛んで来ました。きっとこの1日だけで心と体が洗われているんだと自然と感じました。
講師の松澤先生には大変お世話になりました。ヘチマのお城の中で行われた大自然の中での講義はまた格別でした。講義内容もポイントをわかりやすく説明していただき、感動させられました。
講座で種まきした野菜が育つ姿を時々見に行けたらいいなと思っています。大切なことを教えていただいたファームマエストロ協会の皆様に感謝しております。有難うございました。